楽天銀行カードローン

ポイント不要なら別のカードを!楽天銀行カードローンを選ぶ際の注意

カードローン作りを先延ばしにした結果

カードローンって、お金が欲しくなる前に作っておくと、いざ欲しい時にはすぐさま用意できて本当に便利ですよね。一枚あれば不測の事態、それもお金の入用に備えられるのですから、本当にあって損はしませんね。

ただ、それはカードローンを先に作っている場合の話です。カードローンも申し込みを行い、審査を経て、その上で通過した人の手元にカードが送られてくるというのが、利用までのプロセスです。従って事前にカードを作っておかないと、すぐさま用意できるとは言えません。

私が勤めている会社というのは人が少なく、なかなか仕事から離れるわけにはいかないので、いつかカードローンが一枚は欲しいと考えていても、なかなか実行に移して作るわけにはいきませんでした。その結果としてある程度入用が近付いてから作る事になったのです。融資の審査を即してくれた事に感謝

幸いにして現代のカードローンは二週間も見ておけば作る事ができます。そうなると自分にとって身近なカードローンを作る方が何かと便利だと思い、ネット通販で楽天市場をよく利用していた私は、楽天銀行カードローンを作ろうとしたのです。

時には別の会社のカードローンを使う事も大事

楽天銀行カードローンは楽天会員なら簡単に作りやすいのが魅力であり、さらにポイント還元も付いていてお得…ではあったのですが、私はどうせ作るならより豊富な限度額が欲しかったので、別のカードローンを作ろうと思ったのです。

知っている会社のカードローンというのはやはり信頼できるし申し込みやすい感じなのですが、無理して同じ会社のみで揃えるとなると、やはりどこか条件が犠牲になる事があります。

特に私の場合は限度額という明確な目的があった為に、同じ会社にこだわる必要はありません。統一感があるという事でカードローン作りに際して悩む人を良く見受けますが、私の体験談で言うなら、カードローンは条件で選ぶ方が良いと思います。

事実、限度額豊富なカードローンにしたおかげで、多くの用途で使う事ができました。限度額が多いとその分金利も下がってたくさん借りても利息の発生も控えめなので。やはりカードローンは限度額か低金利で選ぶ方が使い道が多そうです。

楽天銀行カードローンも良いものですが、限度額や金利などで他に優れているカードローンがあるのも事実です。自分のカードローンに求めるものと使用頻度で選んでみて下さい。

数あるキャッシング商品の中で絶対活用したいクレジットカードの魅力

キャッシングと聞くとたいていの人は消費者金融のキャッシングをイメージするようですが、キャッシングできるのは消費者金融だけではありません。中でも以外にもお得に利用できるキャッシングがクレジットカードなのですが、以前に利用されたことはありますか?

なぜクレジットカードのキャッシングがお得なのか、いくつかのポイントを挙げてみました。

ポイントが貯まる!

クレジットカードのキャッシングというのは、いわゆるキャッシング枠の利用のことです。一般的に多用されるのがショッピング枠ですが、同時にキャッシング枠も利用可能となっているカードがほとんどです。

このキャッシング枠を利用するだけでクレジットカードにポイントが貯まるよう設定されています(一部例外を除く)。ショッピング枠だけでなくキャッシング枠でもポイントが貯まるなら、是非利用したいものですね。

ATM手数料節約!

仕事帰りに急に現金が必要になったとしても、時間外の可能性大。そうなると銀行からの預金引き出しのためにATM手数料を支払わなければなりません。たいてい105円、高いところで210円かかる時がありますから、手数料もバカにはなりませんよね。

そこで活用したいのが、クレジットカードのキャッシング枠。ほんの数万円の引出で、翌日に返済すれば返済利息は100円以下。銀行ATM手数料よりも安く済むわけですから、是非活用したいキャッシング枠です。

海外でもキャッシング可!

クレジットカードにもよりますが、たいていのクレジットカードは海外でもキャッシングの利用が可能です。海外旅行に行く時に、空港での両替は手数料がバカ高いですからね。それに比べてクレジットカードのキャッシングなら、繰り上げ返済をするという条件付きですが、手数料はほんのちょっとで済みます。

また、海外のATMどこでも現金が引き出せるので、余計な手間が要りません。時間もかからず簡単に渡航先の現金を引き出せるというのを聞いて、海外旅行で実際にキャッシングしてみた私も便利さに感動しました。海外でも使える万能型カードは最強の一枚ですね。

まずはクレジットカードでのキャッシングを覚えましょう!

新車購入なら銀行のマイカーローンそれとも更にお得なローン商品が?

都内在住ならば車の購入はあまり考えないかもしれませんが、日本は何と言っても車社会。ベトナムに倣ってカブに乗る!というのは現実的ではありません。では、車を買う時はどのように購入するのが一般的でしょうか?

一括で買えるほど富裕なら悩むことはないのですが、車は少なくとも数十万しますし、ちょっと高品質な車なら間違いなく3ケタは下らないでしょう。そうなると頼らざるを得ないのが各種ローン商品です。とりわけ銀行のマイカーローンは注目度が高い商品と言えるでしょう。

では、新車購入の際に利用できる幾つかのローン商品をご紹介しますね。

銀行マイカーローンは審査が厳しい

上でも少し触れましたが、銀行のマイカーローンは、車購入時に一番身近なローン商品かもしれません。金利も低めに設定されていますので、比較的返済しやすいローンと言えるでしょう。

また、マイカーローンと名前がついているだけに、車購入の人に特化したローン商品ですから、その他の特典が望めます。ただし、銀行ローンは一般的に審査が厳しい点が難点でしょう。安定した仕事に就いていることはもちろん、厳格な審査を満たした人だけが利用できますので、その特色も頭に入れておきましょう。
(⇒審査の甘い会社で借りれば良いと考えている方はこちらをどうぞ

目的ローンなら手軽で便利

カードローン会社や消費者金融の一部では、目的ローンというローン商品を取扱っています。その名の通り、明確な目的がある場合に利用できるローン商品でして、マイカー購入以外にも海外旅行やブライダルなどなど、目的があれば利用できる特色があります。

一般のフリーキャッシングよりも若干金利が低めに設定されていますので、利用しやすいかもしれません。また、銀行でない金融機関なら金利が少し高めでも審査は少し緩めと言われていますから、敷居の低いローン商品となっています。

フリーキャッシングという手も

手軽さでは何にも負けないフリーキャッシング。フリーローンとも呼ばれているこのキャッシングは、もちろん無担保・無保証での借入が可能です。事業性以外の目的でしたら用途は自由ですから、マイカー購入にも利用できます。

ただし、金利は若干高めですから、長期間の借り入れですと返済利息も高くつきます。銀行のマイカーローンや目的ローンを利用できない方が最後の手段として利用する、という位置づけで考えておくと良いでしょう。

以上の通り、新車購入時に利用できるローン商品はたくさんあります。自分の返済能力や都合に応じて利用することで、よりお得に新車をゲットできるはずですよ!

カードローン利用限度額を増額する前に真剣に考えるべきこととは

利用限度額増額。カードローン利用者の多くが希望することですが、増額に関する規定はカードローン各社異なります。そもそも利用限度額の増額は可能なのでしょうか?もし可能な場合、増額の前に考えるべきことはあるのでしょうか?

利用限度額の増額は可能?

結論から申しますと、可能です。各社規定がありますから、どの会社でも可能というわけにはいきませんが、たいていのカードローン会社で増額は可能と考えられます。利用限度額の範囲設定の流れですが、先ずカードローン申込をした時に「極度額」が決められます。

極度額というのは、申込み本人のいわば返済能力金額と言えるでしょう。この人なら100万円の返済能力があるとなれば、100万円の極度額が設定されます。その後、利用限度額が設定され、これは文字通り利用できる金額のことです。極度額の範囲内で利用限度額が設定されますが、初回利用時の利用限度額はかなり低く抑えられることが一般的です。

極度額が100万円でも、利用限度額は20万円ほどかもしれません。初回利用者はカードローン会社の信頼を完全には得られていませんから、当然のことと言えるでしょう。このように、最初に極度額と利用限度額が設定されます。

この利用限度額を増額したいなら、2つのキーポイントに留意しましょう。一つは極度額との開き、もう一つが利用期間です。極度額までの差があまりないなら増額の可能性は高くないかもしれません。また、今までのカードローン利用期間が長ければ長いほど信頼は得られやすいものです。

過去に返済をしっかり行ってきたのであれば、信頼を勝ち取ることが容易です。ですから、その2点に留意して、可能ならば増額申請を行なうことにしましょう。ただし、増額申請を受け付けていない会社もありますから、まずは自分が利用しているカードローン会社が増額してくれるかをチェックすることが先決です。

増額申請の前に真剣に考えるべきこととは

増額申請がすんなり通れば嬉しいですが、増額申請の前に真剣に考えるべきことがあります。それは、「増額申請が本当に必要か否か」という点です。なぜ増額申請がしたいのか、その理由によっては危険が潜んでいる場合がありますから、まずは増額申請の目的を自己吟味しましょう。

例えば、借金が多くなってしまってこれ以上借りられないから増額したいという理由ならば、当然危険ですよね。借金が多いということは返済が難しくなってきているということであり、自分の返済能力を明らかに超越している可能性があります。
(⇒カードローン返済滞納の悪夢とは

そのような状況で増額してお金を借りれば、状況はかなり複雑になるでしょう。ですから、増額を試みるのではなく、借金の減額を優先的に考えるべきです。以上のように、利用限度額増額申請の理由が肝心なのです。

増額が出来れば借入がしやすくなること間違いありませんが、カードローンの借入は借金であり返済しなければならないものです。

カードローン利用で3つの‘即日’が超お得な理由とは

カードローン利用で大切なポイントを挙げて下さいと言われたら、あなたは何を挙げますか?人によって重視するポイントは違いますが、大切な3つの‘即日’ポイントをご紹介します。これを目安にカードローンを利用するとかなりお得ですよ!

即日審査がお得!

まずは即日審査について触れたいのですが、即日審査とはカードローン申込後、文字通り即日で審査を行なってくれるサービスのことです。
(⇒カードローン申込からの流れとは

即日審査をサービスしているカードローン会社は少なくありませんが、たいてい30分~1時間で審査完了となり、指定方法で審査結果を通知してくれます。審査に数日かかるローン商品があることを考えると、とても便利なサービスですよね。

とりわけ急いでお金を借りたい時には本当に助かりますから、なるべく即日融資をしてくれるカードローン会社で申込をしたいものです。

即日融資が便利!

上で挙げた即日審査に加え、即日融資も大切なキーポイントとなっています。文字通り即日で融資をしてくれるサービスですから、申込をして当日中に融資を受けられるのは非常に便利で助かります。

即日審査をしてくれたものの、融資までに数時間又は数日かかったのでは意味がありません。即日審査に加え即日融資も大切なポイントであり、この二つはワンセットで考えると良いでしょう。即日審査で即日融資をしてくれるカードローン会社を探しましょう。

即日返済で負担なし!

これは返済に関してですが、可能な限り早く返済、できることなら借りたその日に‘即日返済’するのがベストでしょう。返済には金利がかかりますから、借入額と借入期間に応じた利息を返済することになります。

当然借入期間が長ければ長いほど返済利息も高額になります。ですから、即日返済が無理でも、繰り上げ返済を心がけると負担がかなり減りますよ。

以上のように、3つの‘即日’がカードローンの重要ポイントとなります。この点に留意してカードローン会社を選択し利用・返済することにしましょう!
(⇒カードローン会社を選ぶ際のその他重要項目とは

カードローン審査で他社借り入れ状況の詳細を調査するわけとは

カードローンやキャッシング、クレジット業界ではブラックリストというものはありませんが、それに相当するものがあることをお聞きになったことがあるかもしれません。その‘ブラック’情報を共有することで、返済能力の十分でない人への貸付を避けられるというわけですね。

では、そのブラックリストに相当するものはどこにあるのでしょうか?カードローン審査とどのような関係にあるのでしょうか?以下、詳しく見ていきたいと思います。

カードローン業界のブラックリストとは

カードローンを申込むと必ず審査があるのは周知の事実ですが、審査時にカードローン各社はある機関に照会を行います。その機関とは「個人信用情報機関」です。その情報機関では各個人の借金の履歴を記録しています。

いつ、どこで、どの会社から、いくら借りたか。すべてが記録されており、借りずとも申込みしただけの記録も保存されていますし、現在の借入状況もしっかり記録されています。もちろん、借金の返済遅延や滞納があれば、それも記録されているわけですが、その記録は事故情報と言われています。

金融業界におけるアクシデントなわけですよね。金融機関が返してもらうのを前提で貸したお金が返ってこない事故ですから、事故情報として記録されます。この事故情報が通称ブラックリストであり、ブラックリストに名を連ねた人を‘ブラック’と業界では呼んでいます。

個人信用情報機関に照会する理由とは

カードローン審査の際に、カードローン各社はなぜ個人信用情報機関に照会を行うのでしょうか?その理由は難しいものではありません。申込人の返済能力をチェックするためです。過去に返済滞納があれば返済能力に疑念が生じるわけですし、現在の借入額によっても本人の返済能力を計ることができます。

返済能力のある程度ある人でも、すでに他社から100万円借入していれば返済能力が高いとは言い切れませんね。ですから、過去の借金履歴だけでなく、現在の借入状況をチェックするのは当然なのです。

他社から多額の借入、又は複数の金融機関から借入がある場合、新たな融資を受けることは難しいかもしれません。

カードローン利用の大切なキーポイント!

以上、カードローン審査で他社借入状況の詳細を調査する理由を簡単に見てきましたが、そこにカードローン利用の大切なキーポイントが隠されていることにお気づきになったかもしれません。

返済遅延・滞納は絶対しない!
◆借入はなるべく1社のみ!
◆確実な返済!(繰り上げ返済を心がける)

これらキーポイントに留意してカードローンを利用することにしましょう。

カードローン利用前にベテランが返済シュミレーションを必ず行う理由

知恵を得るならベテランから学びたいところですが、カードローン利用でベテランが利用前に必ずすることって何だと思いますか?それはシュミレーションです。いくら借りて毎月いくら返済できるかだけでなく、自分の返済能力も逐一チェックします。

なぜそんなことをするのか、シュミレーションはどのように行なうのか、ベテランの熟達された業をご紹介しますね。

まずは自分の返済能力をチェック

ベテランが最初に行うことは、返済能力のチェックです。借りる度に必ずチェックをするのですが、なぜ毎回チェックすると思いますか?と言うのは、返済能力は随時変化するものだからです。

カードローンを利用したての時は、毎月3万円の返済能力があったかもしれませんが、今は半分の1万5千円の可能性があります。勤め先の経済状況やお給料の額、家庭環境の変化、出費がかさむ傾向にあるなどなど、不安定要素がたくさんあるのが私たちの生活です。

カードローンのベテランはそれをよく知っているので、まずは今の返済能力を自己チェックし、毎月いくら返済可能か算出するのです。これがシュミレーションの第一歩となります。

衝動買いを行なわない自制心

返済能力自己チェックの次は、今回はいくら借りるべきか考えます。何を買うのか、それはいくらするのか。基本的にかかる金額のチェックは当然ですが、買おうと思っている商品をより安く買う方法はないかも考えます。

また、買い物の原点に返り、この商品を買う目的は何か、買う必要はあるのか、時間をとってよく考えます。人間は感情的な生き物ですから、どうしても衝動買いをしてしまうのが常ですが、ベテランはそうした感情のコントロールも上手にできるというわけです。当然、買う必要がないと判断されれば買わないことを決断する強い心も必要になるでしょう。

返済完了までがカードローン!

買うべきものの商品とその値段、毎月の返済に充てられる金額を計算することができたら、実際にカードローンで現金融資を受け商品購入となります。しかし、ここでカードローンが終わるわけでなく、カードローンの始まりに過ぎません。

カードローンは返済が完了するまで終わりにはならないのです。上述したように、毎月の返済計画を確実に実行し、完済するまで気を抜いてはいけません。返済が遅れたり滞納すればどうなるかは、少なくともカードローンのベテランはよくご存知ですよ。
(⇒返済滞納がもたらす4つの恐怖と苦しみ

以上のように、カードローンのベテランは熟達された利用方法とシュミレーションを駆使するわけでが、長年利用しているからベテランとは限りません。賢明な使い方を知らずに利用していれば、何年経ってもビギナーです。

賢明にカードローンを利用できる人こそ‘ベテラン’と呼べるのですから、あなたもシュミレーションを行なって確実・堅実なカードローン利用を心がけましょう!

カードローンの利用手数料は完全無料!と誤解しないための指南

一昔前でしたら店頭まで足を運んでカードローン申込を行ない審査を受けるのが主流でしたが、インターネットが普及した今ではネットを介しての申込が一般的です。カードローン各社のサイトから簡単に申込めるわけですが、各サイトをよく見ると「手数料完全無料!」という言葉を見かけます。

融資を受けるのに手数料がかからないんじゃお得!と、勘違いしてしまうと感じるのですが、カードローン利用は厳密に言えば手数料無料ではありません。様々な手数料が関係していますので、必要となる手数料をチェックしておきましょう。

カードローン実質手数料はこれ

ご存知の通り、カードローンを利用すると必ず金利がかかります。金利によって算出された利息が、カードローンの手数料と言えるでしょう。言い換えると、お金を借りたレンタル料であり、カードローン会社の主な収入源が利息となっていますので、利息のかからないカードローンは基本的にはありません。

時々期間限定で無利息キャンペーンというものをお見受けしますが、初回限定、○○万円までの借入限定などの条件が一般的です。

その他手数料はコチラ

金利以外にも各手数料に注意が必要です。例えば、ATM手数料。借入・返済の時、ATMを利用すればATM手数料がかかる場合があります。しかし、カードローン会社によって異なり、無料としているところもありますので、ATM手数料がなるべくかからない会社を選択するのが賢明でしょう。

また、返済時に自動で引き落とす「口座振替」の時も、カードローン会社によっては口フリ手数料を徴収します。口フリ手数料はATM手数料よりも高くつくことがありますから、便利で返済期日を忘れにくいというメリットはありますが、十分注意が必要です。

カードローン会社によっては印紙代を請求する会社もありますので、印紙代に関しても事前にチェックしておくと余計な負担を減らせるでしょう。また、ネット経由で申込めばインターネット代金がかかっていることもお忘れなく。店頭で申込をすれば申込代金は0円ですが、ネット代金は毎月払っていることでしょう。直接的な手数料ではありませんが、ネット代金にも留意すべきでしょうね。

以上、カードローン利用に関わる各手数料についてご紹介しましたが、意外なほどに多くの手数料がかかること、お分かりいただけたと思います。手数料はかからないなら越したことはありません。利用前にチェックが必須ですから、確認をしてからなるべく手数料が安く済む会社でカードローンを利用しましょう。

申込み後数時間で知らされるカードローン審査結果が重要な分かれ道!

申込めば誰もが利用できるカードローン!ではないのは周知の事実。申込の後に必ず行われるカードローン会社の審査によって、申込者の今後が決まってしまうのです。その審査結果に関する詳細について、以下お知らせしますね。

カードローン審査基準とは

まずカードローン審査の基準についてですが、これは各社微妙に違いがあるようです。どんな違いがあるかは非公開ですので誰も知ることはできませんが、申込経験者の口コミや評価を詳細に分析すると一つの共通点が見えてきます。

まず年齢はそんなに重視されていないようです。各社HPに記されているように、規定の年齢範囲内であれば誰でも申し込めますし、若いから又は年輩だからというのは審査に大きな支障はありません。

カードローン各社が重視しているのは、申込人の収入です。定期収入があるか否か、この点が大きなポイントのようです。結局は、カードローン会社にとって重要なのは返済能力のある人に貸付を行うことですから、収入が安定していることに注目するのは当然でしょう。
(⇒カードローン審査基準のその他詳細はコチラ

審査結果通知方法とは

審査基準を満たし審査通過の場合、或いは審査不通過の場合も、何らかの形で本人に審査結果が通知されます。電話で通知する会社もあればメールでの通知を採用する会社もあります。いずれにしろ、なんらかの形で審査結果が通知されますので、申込が済んだら結果を待つことにしましょう。

しかし、即日審査のはずなのに1時間以上も連絡が無い場合は、こちらからもう一度連絡すると良いかもしれません。何かの手違いがあったのかもしれませんし、まずは落ち着いて連絡してみましょう。

もし審査不通過だったら何をすべきか考えよう

カードローン会社の基準を満たさなかった場合、審査不通過となることもありますね。その場合、不通過の理由を自分なりに分析してみることをオススメします。ネットサイトでも重要な情報があり、それら情報に照らし合わせてみてどうすれば審査通過できるのか考えてみましょう。

もし、時間が解決するなら時間が経つのを待てば良いですし、何かアクションが必要なら必要な行動をとって審査通過できるように頑張りましょう。カードローン審査基準が高すぎるということはないはずですから、ちょっとした努力で審査通過ができるはずですよ。

即日審査をうたうカードローン審査が実際に要する日数とその実態

即日審査!とうたうカードローン各社ですが、実際に申込んでから借入までどのくらいの日数がかかるのでしょうか?本当に即日で審査と融資を実施してくれるのでしょうか?そもそもカードローンの申込から借入までの流れはどのようなものなのでしょうか?

まずはカードローンの流れを確認!

カードローンの申込をネット上でもできるのはもちろん、電話や店頭、郵送でもできます。しかし、一番便利で早いのはネットサイトでの申込です。申込フォームに必要事項を入力し送信するだけで申込が完了です。

データが届くとカードローン会社はすぐに審査を行ないます。各社規定による基準によって審査が行われ、審査が終わると電話又はメールで審査結果を通知してくれます。もし審査通過であるなら、契約書と共に必要書類を送付し、会社側が受領するとすぐに指定の銀行口座に現金振込をしてくれる、或いはカードを自宅に送付。そのカードを利用して銀行等ATMで現金引出することで借入がスタートします。

申込⇒審査⇒契約⇒借入、このカードローンの流れがだいたいお分かりいただけたでしょうか?
(⇒カードローン利用の流れをもっと詳しく

カードローン即日審査は本当なのか?

では話を本題に戻しますが、即日審査をうたうカードローン会社は、実際審査に要するのはどれほどの時間なのでしょうか?

結論から申しますと、申込をするとカードローン各社はすぐに審査を始め、たいてい30分~1時間ほどで審査終了となります。審査時間は会社と申込人によって差がでますが、だいたいそれくらいの時間で終了しますから、文字通り即日審査を行なってくれます。その点を疑う必要はありません。

しかし、各社審査時間を規定しており、申込時間を過ぎていると申込を受領はするものの審査は翌営業日となるケースがあります。ですから、即日審査に間違いはありませんが、毎日の時間制限に注意が必要です。各社申込時間が規定されていますので、申込前に確認しておけばトラブルを未然に防ぐことができますね。

手続きをスムーズに行うためにできること

また、上でも触れましたが、即日融資を確実に受けたいのなら・・・

◆必ずネット上で申込むこと
必要書類をあらかじめ準備しておき手続きをスムーズに行うこと

この2点に注意が必要です。ここでいう必要書類とは、本人確認証明書(運転免許証やパスポートなど)、50万円以上の借入時には収入証明書。この2点を提出することになりますので覚えておきましょう。

大学を卒業したばかりの22歳の私は、年齢的にカードローン申込OK?

カードローンを申し込みたい人の中には様々な年齢層の方がいるのが確かですが、20歳そこそこの若者も例外ではありません。大学を卒業したばかりの22歳の一男性、彼もこれからカードローンを申込もうと考えている一人なのですが、彼は年齢的にカードローンを申込むことはできるのでしょうか?

カードローン申込可能な年齢制限とは

カードローン申込をした方はご存知かもしれませんが、カードローン会社のほとんどは申込可能な人の年齢制限を定めています。その年齢は、たいてい20歳以上となっています。

20歳以上としているのには大きな理由がありまして、簡単にいうと20歳未満に貸し付けるのは民法上都合が悪いんですよね。20歳未満の方は、借入を無効として宣言することができるという法律がありまして、それを利用されるとカードローン会社は商売になりません。

そんな理由から、基本的に20歳以上の方がカードローン申込可能な年齢となっています。ということは、上の大学を卒業したばかりの22歳の彼は、年齢的に問題ないということですよね。そうなんです、大学を卒業したばかりの若者でも20歳以上なら原則申込可能となっています。

年齢より肝心なのは・・・

しかし、20歳以上なら誰でも無条件で借入できるというわけではありません。年齢よりも肝心な貸付条件に注目しなければなりませんが、ほとんどのカードローン会社では「定期収入がある方」というのを貸付対象者の条件としています。

上で挙げた彼は年齢的には全く問題ありませんが、仕事に関してはいかがでしょうか?条件である定期収入が無いのなら、年齢制限をクリアしていても審査通過ができない可能性があります。大学在学中にアルバイトでもOK、とにかく定期収入があることを証明できればカードローン利用可能です。

なぜ定期収入が条件なのか?

カードローン各社が定期収入があることを条件としているのには、当然深い理由があります。カードローン会社の主な収入は、利息です。利用者にお金を貸して、一定の金利による利息を支払ってもらい利益を出す。これが収益源となっています。

ですから、返済がなされないなら貸金業者として利益を出せないどころか大赤字です。ですから、定期収入のある人にお金を貸して、確実に返済してもらおうというのがカードローン会社の思惑であり、営業スタイルであるわけです。

ですから、年齢に加え、定期収入があること。これはカードローン利用の絶対条件ですから、無職の場合は考え直した方が良いでしょう。或いは簡単なアルバイトでも良いので、仕事を見つけてからの申込がベターです。